アフターピルの服用回数に注意する

水の入ったグラスと多くの錠剤

知人にアフターピルを使っていたにもかかわらず妊娠をしてしまった子がいます。その話を聞いた時は私もアフターピルを使っている身としてアフターピルで避妊ができないことに驚きました。実はその子が妊娠してしまったのはアフターピルを頻繁に使用していたからだといいます。

そしてアフターピルというのは頻繁に使い過ぎると避妊の確立も下がってしまうそうです。私も以前は彼との行為で何度も使った経験がありましたので、知人が妊娠した話を聞いてもしかしたら私も妊娠していたかもしれないと思うと人ごとではありませんでした。

アフターピルはホルモンの力を利用して排卵を遅らせる働きがあると言います。アフターピルを服用して排卵日を遅らせることは体のホルモンバランスを無理やりに替えるということです。また体が元のホルモンバランスに戻るのに時間が掛かります。
ホルモンバランスが崩れてしまうと排卵日や生理も乱れてしまうことがあります。
カレンダー
またアフターピルを使っていても排卵日と重なってしまえばその分避妊率も下がってしまうので妊娠しやすくなってしまうのです。

しかし避妊に失敗した時に最後の砦としてアフターピルがあるわけで最終手段として確立が低くなったとしても使いたいと思われる方もいるでしょう。

その時は消退出血が見られるまでは性交渉は控えた方が良いでしょう。私も医師から聞いたのですがアフターピルを服用して消退出血が見られる前に性交渉を避けるように言われました。

アフターピルを服用すると体に大量の女性ホルモンが摂取され妊娠した状態を維持するそうです。その後急激に女性ホルモンを低下させることで避妊をするのだそうです。女性ホルモンが低下した際に消退出血が起こると言います。

しかし女性ホルモンがピーク時に性交渉をして体内に精子が入り込んでしまったら避妊効果がないと言います。逆に妊娠してしまう可能性の方があると言います。なので最低でも消退出血が見られるまでは性交を控えた方が良いようです。